読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぺら、MOTHER2やるざます

MOTHER2やりますです。ぐんまけん。

MOTHER2の魅力を語りたい

MOTHER2小話

あんま暇じゃないけど、そこそこ暇にしているぺらです。

ぺらぺらしゃべ朗です。

 

今はツイキャスを使って、MOTHER2の実況をしているわけなんだけど、MOTHER2ってのは、個人的には本当にもうかけがえのないものであって、それこそ語りたいことがたくさんあるゲームである。

とことで、このスペースを使って枠の中では語り切れないであろうMOTHER2の魅力を語っていきたいと思う。

 

一応、枠の中でも、すでにそこそこに寄り道をしていて、プレイ時間がのびのびになっているわけだけど、MOTHER2をクリアするためだけに進めていくというのは、あまりにも無粋なわけで、そんなプレイスタイルは俺にはできない。

 

とは言っても、いろんな場所にいろんな思い出があったりするんだけども、個人的にはそこに立ち止まって好きなことをぺらぺらしゃべ朗……いや、ぺらぺら語りたいのだけども、ツイキャスがそれを許してくれないわけで、どうしてもすべてを枠の中で語るわけにはいかないのだ。

 

まあ、そんな感じで、要するにここでいろいろと話したい。

そして、やはりそういうところが、つまり寄り道がMOTHER2の醍醐味であるわけだから、そりゃあもう当然のようにブログも寄り道せなあかんのだ。

せなあかんってのは良くないか。

せざるをえないかな。

 

現在、どのくらいの人が本ブログを読んでくれたのかわからないが(まだアクセス数とか見ていない)、それでも実況と併せて、このカテゴリー(きゃてごり)の記事も読んでくれて、それが、こう、なんていうか俺のMOTHER2実況の味付け小物となり、より実況を楽しく見てくれるようになると、なんだか嬉しいわけである。

 

いつも以上にまとまりがないのは分かっている。

気持ちが先走っているのだ。

早漏のいけないとこ。

まいったまいった。

 

というわけで、通常の実況記事の補足的な記事を書くことで、さらにMOTHER2の魅力を伝えられたらと思う。

 

ここまで書いたら、もう文字数がそこそこになってしまったので、今回はここまでにしたい。

結局ゲーム内のことは、なにも語らなかったわけだけど、こんなとこからもちょっと魅力が伝わると嬉しいんだな。

ぽえ~ん。